2010年11月20日

思い出した存在なsomething.


最近、また調子悪いんですよ。
極力運転は避けております。

バスでさ、学校行くの疲れんですけどね。

暇があって、紅葉見がてら若宮公園にいったらですね。
私を2眼好きにさせた1台がとまっておりました。

その名を「YZF-R1」!!
へぇ、バイクにもこんなデザインあるんだ・・・なんてカッコイイんだろうと憧れた一台ですね。
まだ原付をニコニコしながら乗っていたころですけど、無性にかっこよく見えたのを記憶してます。
画像はwikiから借りました。

Yzf-r1_2004.jpg

今考えるとデザインをデザインするヤマハさんらしい一台ですね。

これに憧れて、バイク買うぞってなったときに「CBR125」「YZF-R125」「RS125」と悩んだわけです。

0000001.jpg

yzfr125-1.jpg

aprilia_rs125_06.jpg

基本この形が好きなんですよね。

新型CBR250RはVFR1200Fによく似てますね。
VFRもカッコよいのですきですが、なんか違うんだよな・・・PCXを彷彿とさせます。

VFR1200F.jpg


新型CBR250Rもキリッとした2つ目にしたら・・・すぐ買い換えたかもしれない。
CBR600RRとか、CBR1000RRとかみたいに。

新しくミラノショーで公開された新型モデルHonda CBR600Fは、なかなか味のある形してましたね。
9d9c2966.jpg

これは戦えそうな顔してるんで許せますよ!!
タグ:CBR125R CBR250R
posted by 蒼鏡華 史希 at 00:25| Comment(0) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

気になるアイツはどんな音色なsomething.


薬が変わってから、それなりに好調な蒼鏡華 史希です。
あれかな、片道1時間くらいならどうにかなんじゃね?とか勝手に思っています。
今週は、鼻にくる風邪を引いていましたが・・・今は咳だけになり、もう治りそう。


さてさて、来春発売のCBR250RのサウンドをYoutubeでききました!

なんていうかな、うちCBR125Rと同じような音ですよ!
まぁ、同じCBRシングルシリーズだから当然といえば当然ですかね。

見た目85点、スペック上の性能75点、音は聞きなれてるから95点。
そんな感じが現状抱いてる素直な感想ですね。

願わくば4st多気筒に乗りたいですが、シングルも慣れてくればよかですよ。
それに今のバイクは本当に静かですし。



エンジンのふけ方はとても軽やかでよさそうです。
でもパワーだけで見るならば、本当にRかとも思ってしまいます。
バイクの楽しみが、パワーがすべてでないのは承知の上ですけど。

なんだろう、それでもドキドキワクワクしてしまうのは。



posted by 蒼鏡華 史希 at 19:09| Comment(2) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

カッコイイなおじ様ライダーなsomething. 〜宮ヶ瀬ダムソロツーリング〜


この写真をみていただきたい。

CA3C0209_R.JPG

CA3C0208_R.JPG

我らがホンダのモタード代表XRと私の相棒CBR125Rの共演である。
どうも蒼鏡華です。

一応のバイク禁止令の解除が病院からでまして、短距離ならOKということで行ってきました宮ヶ瀬!!
厄介すぎるねメニエールは(トホホ^^;

しかし・・・寒くなってきましたねぇ、新しいジャケット買ったものだから戦えましたよ。
そんな中、宮ヶ瀬の奥の鳥居原ふれあいの館の駐輪場まで走ってきたのですが。

素敵なおじ様ライダーさんに声をかけていただきました!
CBR125Rって、やっぱ珍しいのもあっていろんな方に声かけてもらえるんですよね。

やはり玄人ライダーの方のお話ってのは興味深くて、初心者ライダーの僕としてはとても楽しい時間をすごさせていただきました。
加えてとても参考になるのですよ、実体験からくる話ですからね。

中でも、ライダーならではの夏の北海道、とこの話題。
原付のころから気になっていた北海道ツーリングの生の体験談を聞けたのがなんともうれしい。
なんでも20回ほどいってらっしゃるとか。

広大な土地を風を切って走る、見知らぬ土地をめぐり、うまいものを食う!!
ライダーの祭典ともいうべき夏の北海道。
キャンプの話ですとか、ライダーハウスなるものの話とかを聞いてしまうと、とてもそそられてしまいますよ。
ぜひとも、チャレンジしたい!

見知らぬ土地めぐりや、食文化、疾走感も大好きな僕ですが。
こういうライダー同士の交流というのも、バイクに乗る醍醐味だなぁと改めて思うツーリングでしたね。
ソロライダー同士だからこその交流というか、年齢は違えど気さくに声かけてもらえるってのはやはり何度あっても嬉しいものです。

ちなみに、初めてオフ車にまたがらせてもらったのですが・・・当たり前に足はつきませんでした(すげー高いんだこれが)
そんでもって視界の高さに驚いたわけですが、見える景色はまた一味違うものでなんとも楽しそうなバイクでしたね。

なにより、あの「戦うぞ」って気合のフォルムはジャンルは違えどもよかですよ!!
タグ:CBR125R XR
posted by 蒼鏡華 史希 at 15:37| Comment(4) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。