2010年08月15日

あなたはどれくらい走れるのなsomething.


エアコンは28度にし、エコに努めましょう。

そんな詐欺には騙されない、常にエアコン24度な蒼鏡華 史希です。

「暑くて作業効率が落ちるなら、涼しくすればいいじゃない」。
かの有名なアントワネットが仰っていたとかどうとか。

暑い時期というのは、人にもエンジンにも厳しい。
また、逆も然りというのはエンジンつきに乗ってる人ならご理解いただけるのではと思っています。

さて、暑い時の燃費というのは「正直、よくない」というのが経験上の感想です。

スポーツなんてグレードになると、それはなおさら。

さて、稀代のスポーツレプリカCBR125Rはいかがなものか。
正直、かなり気にしてました。

今回、練習走行+道志道+山中湖(道志と山中湖は往復)。
道志道に関しては、アクセルを相当開けてましたよ(じゃないと登らないとこ多いから)。

走行距離は、トータルおおよそ260キロ。
して、給油が6.4リットル。

実燃費、リッター40.625キロ。

数字みて、マジかよ!?と驚いたのは言うまでもないでしょう。

125ccクラスのスポーツモデルで、しかもかなり早い部類のこの子。

こんなにもサイフに優しいとは。

所有者の金銭状況を知ってか知らずか、気の利く娘です。

どーりで、燃料のメーターがなかなか動かない訳ですよ。
posted by 蒼鏡華 史希 at 03:00| Comment(0) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ZZ-R250と行く、道志道なsomething.


昨日の2時間の特訓を、披露するにはまだ早いのではなかろうか。
私の中の、2人の人格が繰り広げた戦いである、そんな昼過ぎ。

目の前にいるZZ-R250。
h.Beeの試乗にバイクトークに華がさき、ところでどっか行く??
走らねば、バイク乗りとしていろんなところに行きたい。

僕たちの強行は今に始まったものではない、思いついたが吉日。
たとえ、空が曇っていようとも。。。

そんなわけで突撃してきました道志道!!

先頭を取ってくれたZZ-R250ことh.Beeの旨い事この上なし。
綺麗に走りやがるぜ!
後ろから眺めるZZ-R250の美しいこと。

しかし、すごいワインディングだった、昨日の特訓が無きゃ・・・車体倒せないしで、間違いなく事故を起こしていたことでしょう。
今日はがんばれました、びびりながらではありますが。

まぁ、山だよね森林豊かで・・・こう心が開放されるって言うかね。
超急カーブ注意とか、初見殺しが多い道だけど、いい距離だし最高です。

そんな道志道の道の駅でとった写真。

PAP_0152_R.JPG

PAP_0151_R.JPG

証拠写真と赤と青の美しい一枚、もはや芸術。

「道志小、道志中の子は5時30までに帰りましょう」みたいなシュールな放送が流れるし。
かなり気に入りましたね。

そんな放送を聴きつつ、「俺ら道志小でも道志中でもないから山中湖まで行くぜ」と曇ってる方向にさらに走ること30分。

寒かった、山中湖寒かったよ(笑)
真っ直ぐだから安心して6速入れたら急カーブとかもうね(汗)
道を設計したやつ出てこい!!!
慣れたら楽しそうだけどなぁ。

湖畔の駐車場にて。

PAP_0149_R.JPG

PAP_0148_R.JPG

PAP_0147_R.JPG

PAP_0146_R.JPG

PAP_0145_R.JPG

哀愁漂う感じだったなぁ、スワンボート。
しかし、ZZ-R250もCBR125Rもなんとも勇ましい。
今後の活躍が期待される写真である。

帰りは非道なZZ-R250に前を行けといわれ津久井まで先導しましたが。

リスキーすぎる、まだバイク買ってから10日もたってないのに。
しかも暗い、いくら35w×2でも暗いよ。
しかもワインディングだよ。

がんばって無難に走れたような気がする、ような気がする。

私にあわせて走ってくれたZZ-250Rに感謝です。

次は沼津に誘拐してくれるとか、晴れるといいなぁ。
てか、私の腕前でついていって平気なのかぁ。

練習しとくぜ、また走りましょうぞ!!
ラベル:CBR125R
posted by 蒼鏡華 史希 at 00:18| Comment(2) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

スラスラ曲がっていったつわものなsomething.


バイクの大先輩に連れて行ってもらう宮が瀬ツーリング。

ううむ、慣れないバイクのワインディングは怖い。
そんなこんなで、ダム周遊まで走破しました。
PAP_0004_R.JPG

PAP_0001_R.JPG

PAP_0002_R.JPG

遠目で横からみればCB750に負けない車格と存在感。
かっこいいCBR125!

近づけばCB750の存在感と威圧感に圧倒されますが。

しかし、バイク競技の経験者・・・つーか入賞経験あるひとの運転は凄い。
と、さりげなく師匠を発見した次第。

幼稚園からの仲ですが、近所に凄い人もいるもんです。

帰ってきてからは、延々と田んぼのわき道で八の字と小回り旋回、どこまで倒しこめるのか等々を手ほどきいただきまして。

いや、奥が深いねバイクって。

ていうか、自分のCBR125Rがフロントリフトするわジャックナイフするわ・・・乗り手が違うとこうも変わるのかと。
なんとも表現しずらいですが、教習所の休み時間に教官がものすごい勢いでスラロームやら八の字やらをやってるのを間近で見れたような、そんな感じでした。


そして、課題がでました、ハンドルフルロックしてひたすら倒しこみ定常円旋回状態を維持する。

なんとも難しい・・・が、これがなんとも言えず楽しい。
明日も朝一に1時間ほど練習に行く予定。

午後はZZ-R250が遊びに来る予定だし。

なんか750cc乗りが、「こいつ、凄い楽しい!」と褒めていただけたのがなんとも嬉しかった。
なんか限界はかなり高いみたい。

使いこなさねば!がんばろう!!


つうか、ジャックナイフかますって。。。
いやはや(汗)

ラベル:CBR125R
posted by 蒼鏡華 史希 at 21:59| Comment(0) | 車とかバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。